ジャパンデザイナーズハウスアワード 2017 プラチナ賞

platinum

11段違いの平屋

コメント
敷地内に数mの高低差がある立地を活かし、建物を段違いで2棟に分けており、なだらかな傾斜地に溶け込む佇まいとした。
また、内部空間は2棟の高低差を利用し、パブリックとプライベートを分けている。

高い方をパブリック棟として玄関とLDKを配し、南面の開放的な眺望を贅沢に楽しめる空間とした。
敷地自体が高台のため、非常に贅沢感のある気持ち良い空間であり、周囲の自然で季節を感じたり、夜には夜景を楽んだりできる。
リビングダイニングとガラスで仕切られたキッチンは、美しさと作業性を兼ね備えており、それ自体がLDK空間にコントラストをもたらすインテリアの一部となっている。

個人の部屋と水廻りのあるプライベート棟は、基本的に高窓を採用することで、落ち着ける空間づくりをしている。
各々をつなぐファミリ―スペースは、見た目はドラマティックなホールとして、用途は廊下と収納、お子様のプレイスペースとして活用できる。

モダンなトーンでまとめたインテリアと贅沢なライティングが、周囲の自然と相まって、「よくある田舎の風景」を非日常的で贅沢な風景として感じられる空間となり、そこでの暮らし自体が空間の主役となる建物となった。

外観

LDK

キッチン

LDK

キッチン
Detail
階数
平屋建て
床面積(1階)
114.46m2(34.33坪)
延床面積
114.46m2(34.33坪)
家族構成
ご主人、奥様、子ども2名
合計4名
設計
群馬県 株式会社翼創建
矢内史織
株式会社翼創建
エリア
関東エリア
>>工務店紹介ページへ
トップ